卵子提供プログラムの流れ

カウンセリング
プログラム内容、プログラム費用のご説明等(所要時間約1時間)
カウンセリングは必要に応じて行いますので、何回でも受けることが出来ます。(要予約)
検査
本プログラムお申し込みの際、事前検査が必要です。日本にて必要な検査を受け、結果をご提出頂きます。
ご主人:精子分析、感染症検査(血液検査) 他
奥様:ホルモン検査、超音波検査、感染症検査 他
契約
依頼書他、同意書などの申込書類をご提出後、プログラム費用をお支払頂きます。
卵子提供者(ドナー)選択
ドナーリストから希望のドナーをご選択して頂きます。
ドナーの決定は、ご選択頂いた候補者の正式な受諾の返事をもって確定と致します。
渡航(ご夫妻)
ご主人:採精(原則2回の採精を予定)
奥様:移植準備(検査、処方)
ドナーの採卵
ドナーのサイクルに合わせ投薬を開始、採卵、顕微授精へと進みます。
移植渡航(奥様)
ドナーの採卵状況を確認後、奥様のサイクルに合わせて移植スケジュールをたてます。
投薬開始後、子宮内膜の厚さが基準値以上になりましたら、移植のための渡航となります。
滞在期間は5日〜7日位です。帰国日は原則移植日の翌日です。
帰国後のフォローアップ
帰国後は、処方箋通りに投薬を続けて頂き、2週間後に妊娠判定検査を受けてください。
妊娠確定後は、日本の産科医の指示に従って下さい。
出産報告
出産後は、弊社までご一報をお願い致します。

卵子提供・代理母出産情報センター
〒102-0082 東京都千代田区一番町2番地3 一番町2パークマンション201号
電話:03-3265-5088 FAX:03-3237-8350
電話受付時間 10:00〜18:00
Copyright (C) Sumiyuki International Limited Company.All Rights Reserved.
プライバシーポリシーについて